ティーベースボール交流

SCHOOL

コットンウェイ活動

最新情報

  • 第1回ティーボール教室を開催しました。
    2019-02-26
    第1回ティーボール教室を開催しました。
    2019.2.26第1回ティーボール教室 今日は、地域貢献事業として第1...

ティーベースボールとは

ティーベースボールとは野球やソフトボールに類似したゲームです。

ティーボールが野球やソフトボールと大きく異なるところは、本塁プレートの後方に置いた「バッティングティー」にボールを乗せ、ボールを打者が打つところです。

そのため投手はいません。子供が野球をすることによって得られるメリットは沢山あります。

野球を好きになって欲しい、野球に興味を持って欲しい、ティーベースボール教室はそんな方におすすめです。

ティーベースボールを体験するメリット

  • 責任感

    1.責任感が芽生え養われる

    子供に野球を習わせるメリットのなかでも特に大きな要素が「責任勘が芽生える」ということです。子供にとって責任感と言うものを知ること、そして教えることは中々簡単なことではありません。野球というスポーツはポジションがはっきりと定めらているため、自分の役割が明確で、役割を果たせるかどうかがチームの勝敗に大きく影響します。このような状況下において言葉で説明されるよりも先に、自分の役割について考えるようになります。その為「責任感」が大きく養われます。

  • 団体行動

    2.団体行動により協調性が養われる

    最近では、スマホ、ゲームの普及で家で遊んでいても、退屈することがありません。何でも一人で満足出来てしまう為、協調性に欠けた子が多く見受けられるようになりました。野球では、わがままや自分勝手は通用せず、チームメイトと助け合いながら、「勝利を目指す」という目標に向かって共に努力することを経験します。失敗したらボタン1つでリセット出来てしまうゲームとは違い、技術上達のため、コツコツ「努力」する必要性というものも学べます。野球は将来立派な大人になるために団体の中の行動を学ぶ場所だと考えても良いくらい現代の子供達を大きく成長させてくれるスポーツです。

  • 個性

    3.個性が生かせる

    チーム戦とはいえ、個性を生かせるのも野球の大きなメリットの1つです。守備位置によって必要とされる能力が異なり、同じタイプのメンバーばかりいてもチームとしては成り立ちません。俊敏でスピーディーな動きが求められる内外野のポジションもあれば、洞察力や集中力、冷静さが必要なキャッチャーもあります。ポジションによって求められている能力が異なるので、総合的な運動能力に関係なくレギュラーになれる可能性があります。バッティングも同様で、誰もがホームランを打てなければいけないわけではありません。盗塁できるような足の速い人、バントでランナーを進められるパワーよりも技術を持った人などさまざまです。野球はこのように個性が生かせるスポーツです。個性豊かな子供に育つというのも野球というスポーツの特徴です。

  • しつけ

    4.しつけ

    「しつけ」というと、厳しい威圧的な言葉に聞こえるかもしれませんが、野球はスポーツのなかでも人間関係が如実に表れるスポーツです。試合に出ているときにはチームメイト同士声掛けしあったり、また、ベンチにいる時には仲間に声援を送り励まし、応援します。目上の人、上級生に対してのあいさつも自然とできるようになるため、その後の学校や社会生活での人間関係がスムーズになります。しつけが出来ている子は思いやりに長けている子になります。

  • 基礎体力

    5.基礎体力がつく

    これは他のスポーツでも同じことが言えるかもしれませんが、スポーツを定期的に続けていくということは、基礎体力向上に役立ちます。現代の子供は運動が出来ないと言われることもありますが、スマホや、ゲーム、家の中だけで満足出来てしまう遊びが多い為、実際は運動をする機会が減ってしまっているだけということが事実です。毎週定期的に野球をやる。そのためにアップとして走り込みをする。など継続的に運動をしていくことは、子供の身体を強くするのに大切で必要な時間です。

  • ティボールルール

    6.ティーベースボールのルール

    競技者は1チーム10人から15人とし、そのうち10人が守備となる。残りの選手(最大5人)はエキストラヒッター(打つだけの選手)となる。全員打撃制という、選手全員が打ち終ったら攻守交代となるルールが設けられている。※詳細ルールにつきましては、「日本ティーボール協会公式サイト」をご覧下さい。

幼稚園から始められる

ティーボールは、野球とほぼ同じルールで試合が行われます。投手がおらず、打者は本塁でポールの上のボールを打ちます。

その為打撃技術がなくてもでき、野球の感覚が味わえます。

自ら考え、行動し、できる喜びに変わる

ボールをどうしたら上手に打てるようになるのか?自ら考えそれが出来た時に喜びへとつながります。

運動することの楽しみを知り、野球に限らずスポーツを好きになるきっかけになります。

よくあるご質問

女の子でも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

道具は野球と同じですか?

野球の道具とは少し異なります。道具はこちらで用意してありますので、お気軽にご参加ください。

ルールがよくわからないのですが、大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。ルールの分からない初心者の方でも一から丁寧にお教えいたします。

トピックス

スポンサー

  • 株式会社高砂屋
  • 東部工業株式会社
  • 仙波糖化工業株式会社

FACEBOOK